状況によっては敷金は全額取り戻すことができる

敷金は、入居時に必ず支払わなければならないものです。
敷金は退去時の部屋の状況によって、全額取り戻すことができるかもしれません。

敷金の全額返金について

敷金は、そもそも何のために払っているものなのか知っていますか?
敷金とは、部屋の修繕に必要なお金として、大家さんが一時的に預かるものです。
いわば部屋の保証金の様なもので、部屋の状況が入居時と同じくらいキレイであれば、敷金は返金されます。

ですが、部屋は黙っていても汚れるものなので、入居時と全く同じ状況での退去は難しいでしょう。
問題は部屋の汚れがどの程度なら全額返済があり得るかということになります。

実は、生活をするにあたって、絶対に出る汚れは、入居者の過失にはなりません。
壁を傷つけることがなかった、備え付けの物を壊さなかった、大きな汚れはなかったなら、全額返金もあり得ます。

自然につく汚れなら、修繕のためのお金を渡す必要は全くありません。
敷金の使い道は、あくまで現状回復ですので、余分な修繕にお金を使われることはないのです。

ただ、大家さんによっては、敷金に対する説明をあまりしてくれないことがあります。
できるだけ敷金で修繕を行いたいと思っているので、隙があれば、敷金を返金しないということがあります。

「自然についた汚れですが、敷金の返金はないのですか?」と、退去時に聞いた方が良いでしょう。
また、「これを直すのにお金はかかりますか?」と余計なことは聞かない方が良いです。
指定されたものだけを敷金で払うという考え方をしていれば、敷金の返金はいくらかあるのではないでしょうか。

敷金の返金がされない場合について

自然につく汚れといっても、中には敷金の返金に含まれない汚れがあります。
一番多いのは、タバコのヤニによって壁紙が黄ばんでしまった場合です。
タバコは吸わない人もいるので、壁紙の張り替えは必要になります。

また、タバコで備え付けのじゅうたんを焦がしてしまったり、フローリングにペンキなどが付いてしまった場合、全面張り替えになる可能性があります。

賃貸物件によっては、退去時に全面張り替えが義務付けられているところがあります。
その場合は、敷金の返金はないものと思った方が良いでしょう。

また、自然汚れではありますが、あまりにも汚いものは清掃費が取られてしまうことがあります。
キッチンの油汚れ、風呂場の黒カビなど、余程目立つのなら掃除しておいた方が良いでしょう。

「借りた物はキレイに返す」というのが常識ですので、ある程度は掃除しておいた方が良いです。
自分のつけた汚れでなくとも、常識の範囲内で掃除をして、返すのが妥当でしょう。

どっちにしろ大家さんは清掃業者を呼ぶと思います。
ただ、部屋をある程度掃除してくれていた方が、気分的に良いと思います。

「わざわざありがとうございます」という気持ちから、多少の汚れやキズも、多めに見てくれるかもしれません。
本来なら少しのキズでも交換が必要な物でも、「これくらいなら」と人情味の溢れる返答をしてくれるかもしれません。
敷金全額返金はないかもしれませんが、一部返ってくることも考えられるでしょう。

もし、返金の金額に違和感を感じた時は、しっかりと注意することにしましょう。
大家さんによっては、敷金を使いきって良い部屋にしようという人もいます。

カーペットをもう一段良い物にするために、張り替えにお金がかかったという人もいます。
管理者も人柄の良い人ばかりではないので、注意が必要でしょう。

↑ ページの上部へ